カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:根性論( 6 )

仮説 足の指論


仮説『足の指の筋肉を鍛えれば、いくつかの悲しい死は防げる』


足の指にも筋肉はある

整体師いわく、僕の足の指の筋肉は人より発達しているらしい



2005年、足の指の筋肉は低下傾向にある

裸足で遊ぶことはなくなり・・・というよりも安心して裸足になれる場所は極端に少ない


一方


2005年、突発的な衝動により命を落とす人達が間違いなく急増している

親が子供を殺す

子供が親を殺す

友達を刺す

自殺

自殺

自殺







踏みとどまれないからだ

みんなボーダーラインぎりぎりまで追い詰められた時、簡単にその線を越えてしまう

地面をしっかりとつかみ、その土俵際で堪えるということ事ができない

それは足の指の筋肉が足りないからではないか

その一瞬、踏みとどまることが出来れば過ちは起こさないですむのではないだろうか

よって

足の指の筋肉を鍛えれば、いくつかの悲しい死は防げる





という仮説


ま、多分合ってねーけど





でも、その一瞬踏みとどまれば悪口の一言くらいは減らせるでしょ?
[PR]
by showblue | 2005-09-05 10:23 | 根性論

味方の作り方。

敵を作る方法は簡単だ。

味方を作ればいい。


これはどっかの国のことわざ。

味方の作り方は記されていない。

中学校で習ったことを生かして考えよう。


化学で水を電気分解すると、

水素と酸素が出来る。

どっちかだけ取り出すことは出来ない。

どうしても出来てしまうのだ。


対局にあるものは同じ成分で出来ている。

愛と憎しみだったり、

馬鹿と天才だったり、

敵と味方だったり・・・


愛を生成しようとすると、憎しみは生まれてしまう。

馬鹿は天才と見分けがつかないし、

敵は時に好敵手と呼ばれる。


つまり、味方を作るには、

敵を作る覚悟が必要になる。



さて、ここで考えよう。

自分の対局には何があるのだろう。

自分。

自らを分ける。







あれ、俺?
[PR]
by showblue | 2005-09-05 10:19 | 根性論

シンとするということ

大切なものはたいてい『シン』と読む


自分が生まれるためには『親』が必要だし

みんなの中には何かしらの『神』がいるし

『信』じるためにも、『進』むためにも

トイレットペーパーには芯が必要だし

どんな王にも『臣』がいるし

自分の『真』を『信』じなきゃいけないし

『清』らかでいたいし

『身』も『心』も結局シンだし・・・


なによりも大事な瞬間

音はなくなり

あたりはシーンとしているし。
[PR]
by showblue | 2005-09-05 10:15 | 根性論

言の葉についた虫め

『いい加減』って言葉。
いい言葉なんですよ、元は。

ちょうどいい加減。

それが使っていくうちに、どうでもよく、という意味に変化する。
適当も同じように。

『貴様』って言葉。
敬ってますよね、大分。
それがいつのまにかののしり言葉になる。

言葉変わっていく。

『ら』抜き言葉?明治初期は『ら』抜き言葉が正解でしたけど、なにか?
『地図』の読み方『ちず』じゃおかしいんだよ。だって『図書』は『としょ』って読むでしょ。
日本語的には『図』はタ行で読むべきなのさ。
だから『地図』は『ちづ』だし『図工』は『づこう』のはず。

自分たちだって変えていく言葉を、俺たちが変えると嫌なのかい?
たぶん怖いんだ。

それでも言葉は変わっていく。

だいたいさ、
宇宙が地球を作って、
地球が海と大地を作って、
海と大地が人間つくって、
人間が言葉作って、
その言葉で宇宙説明しようとするのが、そもそも無理あるよ。


その言葉ってやつに一喜一憂する俺。
ちょっと取り乱した。失礼。
[PR]
by showblue | 2005-09-05 10:10 | 根性論

等速直線運動は続く

①等速直線運動とは直線運動をしている物体の速さが一定のときの運動をいう。

②物体は外力が作用しなければ、静止または等速直線運動の状態を続ける。

 ①と②は力学的見地からの物体の話だ。
 
 僕らはどうなのだろう。

 ②にある『外力が作用』というのは、空気抵抗、摩擦力などの事を表す。
 だから普通は等速直線運動は続かない。物体はそうそう動き続けられない。
  
 動かない物体には空気抵抗も摩擦力も関係ない。

 何もしなければ止まるように世の中は出来ている。
 空気抵抗、気圧、重力、摩擦力・・・邪魔が多い。

 
 そんなに難しい話でもないでしょ?
[PR]
by showblue | 2004-11-27 19:03 | 根性論

沈黙を守ること

『沈黙を守る』という言葉がある。

沈黙というものは守らなければ手に入らない。
つまり、何もせずに放っておけば沈黙は手に入らない。

何も言わないことを守る?

黙秘権では沈黙が守られてる。
黙して相手の言葉を殺す・・・黙殺。

ま、最近分かったのは、何かとひきかえにしても
沈黙を守らなくちゃいけない時があるということ。
その時、沈黙という『何にも言わない』という行為に
どれだけの価値がつくのだろう。
[PR]
by showblue | 2004-11-25 01:57 | 根性論