カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一人選挙

人間の目は優れている。

自分の見たい物にフォーカスをあわせて、その他の物を背景として認識することができる。


人間の耳は優れている。

たくさんあふれている音の中から、自分の聴きたい音を聴き、

その他を雑音とすることができる。これはまだ機械では不可能だそうだ。


だから僕らは見たい物を見て、聴きたい音を聴く事が出来る。

無意識に選りすぐっている。

その機能がなければとっくに病んでいるだろう。

見たくないもの、聴きたくない音に溢れている。


これは自分の問題だ。

自分が背景と思っているなかに素晴らしい景色があったり、

雑音だと思っていたものの中に興味深い音が混じっていたり…。

そこに意識を向け、調節するのは自分がやるしかない。


さて、このままのスピードで僕にとっての見たくない背景と、聴きたくない雑音が増えて

いったら、僕には何も見えず、何も聞こえなくなるのだろうか?


そんなことはない。

それ以上にまだ見たことない景色、聴いたことのない音が世界にはたくさんある。

そりゃあもうたくさん…。

一生かかって何分の一が見れるだろうか?聴くことが出来るだろうか?



あー、もったいね。
[PR]
by showblue | 2005-09-05 10:17 | 一般論