カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

仮説 足の指論


仮説『足の指の筋肉を鍛えれば、いくつかの悲しい死は防げる』


足の指にも筋肉はある

整体師いわく、僕の足の指の筋肉は人より発達しているらしい



2005年、足の指の筋肉は低下傾向にある

裸足で遊ぶことはなくなり・・・というよりも安心して裸足になれる場所は極端に少ない


一方


2005年、突発的な衝動により命を落とす人達が間違いなく急増している

親が子供を殺す

子供が親を殺す

友達を刺す

自殺

自殺

自殺







踏みとどまれないからだ

みんなボーダーラインぎりぎりまで追い詰められた時、簡単にその線を越えてしまう

地面をしっかりとつかみ、その土俵際で堪えるということ事ができない

それは足の指の筋肉が足りないからではないか

その一瞬、踏みとどまることが出来れば過ちは起こさないですむのではないだろうか

よって

足の指の筋肉を鍛えれば、いくつかの悲しい死は防げる





という仮説


ま、多分合ってねーけど





でも、その一瞬踏みとどまれば悪口の一言くらいは減らせるでしょ?
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:23 | 根性論

味方の作り方。

敵を作る方法は簡単だ。

味方を作ればいい。


これはどっかの国のことわざ。

味方の作り方は記されていない。

中学校で習ったことを生かして考えよう。


化学で水を電気分解すると、

水素と酸素が出来る。

どっちかだけ取り出すことは出来ない。

どうしても出来てしまうのだ。


対局にあるものは同じ成分で出来ている。

愛と憎しみだったり、

馬鹿と天才だったり、

敵と味方だったり・・・


愛を生成しようとすると、憎しみは生まれてしまう。

馬鹿は天才と見分けがつかないし、

敵は時に好敵手と呼ばれる。


つまり、味方を作るには、

敵を作る覚悟が必要になる。



さて、ここで考えよう。

自分の対局には何があるのだろう。

自分。

自らを分ける。







あれ、俺?
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:19 | 根性論

天才をうらやむ心

紙に書かれた二次元の棒人間には、

僕ら三次元の物体は二次元にしか見えない。


三次元の僕らには、

四次元の物体は三次元にしか認識できない。

想像すら出来ない。



頭のいい人には想像できるらしい。

四次元空間が頭の中で広がるらしい。

理系の大学でも、何年かに一人いるかいないからしいけど。


いいなぁー。

四次元の物体の影は、三次元。

三次元の影とか見てみたい。


いいなぁー。

頭良いと便利だね。




ほら。




どんなに頭良くても

『便利だね』

くらいにしか思わないでしょ。

気にしない、気にしない。
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:19 | 一般論

一人選挙

人間の目は優れている。

自分の見たい物にフォーカスをあわせて、その他の物を背景として認識することができる。


人間の耳は優れている。

たくさんあふれている音の中から、自分の聴きたい音を聴き、

その他を雑音とすることができる。これはまだ機械では不可能だそうだ。


だから僕らは見たい物を見て、聴きたい音を聴く事が出来る。

無意識に選りすぐっている。

その機能がなければとっくに病んでいるだろう。

見たくないもの、聴きたくない音に溢れている。


これは自分の問題だ。

自分が背景と思っているなかに素晴らしい景色があったり、

雑音だと思っていたものの中に興味深い音が混じっていたり…。

そこに意識を向け、調節するのは自分がやるしかない。


さて、このままのスピードで僕にとっての見たくない背景と、聴きたくない雑音が増えて

いったら、僕には何も見えず、何も聞こえなくなるのだろうか?


そんなことはない。

それ以上にまだ見たことない景色、聴いたことのない音が世界にはたくさんある。

そりゃあもうたくさん…。

一生かかって何分の一が見れるだろうか?聴くことが出来るだろうか?



あー、もったいね。
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:17 | 一般論

詩とか、たまにはどう?

ほんとのこと言うと口紅は

ふきとっちゃったほうがぼくは好きだな

まぶたの上のその青っぽいやつもね


きみが見ているきみはいつも鏡の中の君

自分を見てる自分の顔だ

だがほんとうのきみは鏡の外にいる


きみをきれいだと言えば

ぼくは偽善者ってことになるんだろうか

だが醜いと言えば何になれるっていうんだ


                     
                       谷川俊太郎『きみに』
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:16 | 一般論

シンとするということ

大切なものはたいてい『シン』と読む


自分が生まれるためには『親』が必要だし

みんなの中には何かしらの『神』がいるし

『信』じるためにも、『進』むためにも

トイレットペーパーには芯が必要だし

どんな王にも『臣』がいるし

自分の『真』を『信』じなきゃいけないし

『清』らかでいたいし

『身』も『心』も結局シンだし・・・


なによりも大事な瞬間

音はなくなり

あたりはシーンとしているし。
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:15 | 根性論

言葉の結晶。

水に一晩『ありがとう』と書いた紙を見せ続けた後、
その水の結晶を顕微鏡で見てみると、きれいな結晶が浮かび上がるらしい。
逆に『馬鹿野郎』と書いた紙を一晩見せた水の結晶は不揃いで汚い。
また、『○○しなさい』より『○○しよう』の方がきれいな結晶が生まれる。

言霊と言われるものだろうか。

何年か前に長者番付一位になった人の言葉。
『私はただ、ついてる、と言い続けただけですよ』
その年の芸能人一位みのもんたさんの言葉。
『あつい、さむい、つかれたという言葉を言わないようにした』

言霊ねぇ・・・

・・・どこまで本当かわからないけど、言葉って強い。
たまに強すぎて怖い。
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:11 | 一般論

言の葉についた虫め

『いい加減』って言葉。
いい言葉なんですよ、元は。

ちょうどいい加減。

それが使っていくうちに、どうでもよく、という意味に変化する。
適当も同じように。

『貴様』って言葉。
敬ってますよね、大分。
それがいつのまにかののしり言葉になる。

言葉変わっていく。

『ら』抜き言葉?明治初期は『ら』抜き言葉が正解でしたけど、なにか?
『地図』の読み方『ちず』じゃおかしいんだよ。だって『図書』は『としょ』って読むでしょ。
日本語的には『図』はタ行で読むべきなのさ。
だから『地図』は『ちづ』だし『図工』は『づこう』のはず。

自分たちだって変えていく言葉を、俺たちが変えると嫌なのかい?
たぶん怖いんだ。

それでも言葉は変わっていく。

だいたいさ、
宇宙が地球を作って、
地球が海と大地を作って、
海と大地が人間つくって、
人間が言葉作って、
その言葉で宇宙説明しようとするのが、そもそも無理あるよ。


その言葉ってやつに一喜一憂する俺。
ちょっと取り乱した。失礼。
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:10 | 根性論

きれいごと

空がきれいなのはなぜか知ってますか?

変わり続けるから。


海がきれいなのは?

流れ続けるから。


森は?

育ち続けるから。



どうやら完璧であるためには、変わり続けなければならないみたいよ。
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:09 | 一般論

気休めになれば。

頑張るって言うのは、「張る」ってことだから、張れば張るほど糸は細くなっていく。

だから頑張れば頑張るほど糸は切れやすい。

あんまりいい言葉ではないかなぁ。

張れば張るほどいい弾力がでるもんだからつい頑張っちゃう。


じゃぁ、どうしろっていうんだ。


似ているけどこんな言葉はどうだろう。


「真剣にやる。」


この言葉の使用上の注意!

日本人が勘違いしやすいのが「深刻」


違いは明瞭。

「深刻」は笑って出来ないが、「真剣」は笑ってもできる。




なぁーんだ。実践できそうじゃん?
[PR]
# by showblue | 2005-09-05 10:04 | 一般論